食用油脂セミナーが開催されました。

 6月26日に東京・王子にて、食用油脂の基礎と劣化防止セミナーが開催されました。

 ご参加下さいました皆様、ありがとうございました。

 一日セミナーという、長丁場なセミナーであるのにも関わらず、最後まで熱心にご受講下さり、また沢山のご質問を頂きまして、非常に有意義な一日となりました。

 今回のメインテーマのキーワードである「食用油脂劣化」。

 案外、正しく理解されているかというと、そうではなさそうだということが市場調査などから分かります。

 確かに、微生物による食中毒と比較すると、大したことのないように映ります。

 しかしながら、食用油脂の劣化によって発生するアルデヒドなどは、毒性を有するものがあることも事実で、急性的な食中毒症状を発症した事例も現実にあるのです。

 食用油脂は思っている以上に劣化していきます。

 大切なことは、食用油脂を知り、劣化を上手にコントロールすること。

 そのための知識と技術を得て、実践していくことにあると思います。

ご参考:食用油脂セミナー「食用油脂の基礎・劣化メカニズムから様々な防止技術まで」 主催・株式会社 情報機構/2019年6月26日開催(東京・王子)

☛メルマガ登録はこちらから

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    前の記事

    食品技術者と特許

    次の記事

    特許調査とその手法