基本情報

代表プロフィール

経歴

1973年 旭川市生まれ
1993年4月〜(株)J-オイルミルズ入社
 生産技術部門に8年間従事し、コストダウン、収率改善、省エネルギー、プロセス開発に携わる。
 研究開発部門(研究所)に10年間従事し、商品開発、生産方法開発、品質改善に携わる。
 知的財産部門に7年間従事し、発明の発掘と権利化、ノウハウ保護、特許情報活用、ライセンス・契約、係争対応に携わる。
2018年9月〜 中谷技術士事務所を開業し、食品技術コンサルタントとして活動中。

資格

技術士(農業部門・農芸化学/食品化学)文部科学省登録73081号
エネルギー管理士
AIPE認定 知的財産アナリスト(特許)
JHTC認定 HACCPコーディネーター

所属団体

(公社)日本技術士会
(公社)日本技術士会登録 食品技術士センター
(公社)食品科学工学会
日本アイアール株式会社 技術者教育研究所 講師
日本アイアール株式会社 知的財産活用研究所 知的財産研修センター 講師

セミナー・講演実績

「食品特許の調査・分析と出願戦略 (研究開発/事業開発への活用ポイント)」(株式会社 テックデザイン 2019.6.12) ※パンフレット

「食用油脂の劣化防止のための使用ポイントおよび抗酸化の要点」(サイエンス&テクノロジー株式会社 2019.4.19)※パンフレット

「食品開発のための特許情報分析と特許マップの活用策について」(北海道立総合研究機構・食品加工研究センター 2018.11.7)※講演資料PDF

「 特許から見る食品保存 技術動向と最新技術の紹介」(農林水産省/食品産業関連技術懇話会 2015.1.8)

「食用油脂を取り巻く動向と課題『次世代食用油脂パーム油について』」(食品技術士センター 2012.7.21) ※講演資料PDF

「世界の油脂需要を支えるパーム油について『その特性と広がる用途』」(旭川高専・講演会 2011.11.16)

新聞掲載 / 論文 / 特許
  • 食品化学新聞

「調理現場のフライ油適正管理技術」(2019.3.21掲載)

「ごま油の製法とその香味特徴」(2018.8.16掲載)

「食品特許の用途発明とその動向」(2017.7.20掲載)

「地域産品の地理的保護制度」(2017.3.16掲載)

「最近の食品特許の動向」(2014.7.3掲載)

「町おこしのための知的財産活用術」(2013.12.5掲載)

「パーム油を取り巻く動向と課題」(2013.6.13掲載)

「揚げ物に繰り返し使用するのに適している油とは?」(2012.3.15掲載)

  • 論文

Chemical Composition of Soybean Oil Extracted from Hypocotyle-Enriched Soybean Raw Material and Its Cholesterol Lowering Effects in Rats.(J.Oleo Sci.,Vol.50,No.4(2001))

大豆胚芽油の化学組成(日本栄養・食糧学会総会講演要旨集 55th(2001))

  • 特許

特許第5150797号「酸化部分水素添加油脂」

特許第4897204号「ゴマリグナンの製造方法」

特許第4648199号「ゴマ油及びその製造方法」

特許第4073616号「高胚芽濃度の大豆原料の製造方法」

特許第3301437号「大豆胚芽油脂」

特許第4001695号「菜種胚芽の分離方法及び菜種胚芽油脂」

再公表2000-027222「油糧種子又は穀類の特定組織の分級法、及び微細粉化物」

お気軽にお問い合わせください。営業時間 9:00 - 17:00 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせ